諸外国との比較

諸外国との比較

諸外国との比較

世界的に見ると、デリケートゾーンのハイジニーナ脱毛では、ブラジリアンワックスによる脱毛が主流のようです。
特に、アメリカにおいては、一般的な脱毛方法です。

 

ニオイを強く発する部位ですし、放置するのは不潔であるという認識があるようです。
男性でも、VIOラインを脱毛する人は多いようです。

 

日本女性は比較的、VIOラインの処理に対して消極的であるので、そこが違いですね。

 

一方で、ワキの脱毛は、カミソリ、脱毛クリームを行う人が多く、サロン脱毛を選択するのは一般的というものでもないようです。

 

若い人のみならず、50代以降の方の間でも頻繁に行われています。
その点は、日本とも共通していますね。

 

少数派ではありますが、体毛には無頓着で、ワキ毛でも無処理ということもあるようです。
日本では、ワキを脱毛していない方は、ほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか?
その点が違いですね。

 

お隣の、韓国や中国では、脱毛人口は、日本に比べて少ないようです。
韓国や中国の方の体毛は、細くて薄いので、男女ともに、脱毛処理は必要ないと感じているようです。

 

中国や韓国の人から見ると、日本人は体毛が濃いという認識があるようです。
近い国でも、毛質や毛の量は違うものなんですね。

 

遠く離れた、ヨーロッパ圏はどうでしょうか?
フランス人の場合、男女問わず、約5人に1人は、かなりの頻度で何らかの脱毛を行っているそうです。
脱毛することは、清潔という認識が強いようです。

 

イタリアにおいては、少なくとも月1回のペースで、ムダ毛処理を行うのがごく一般的だということです。
特に、ビキニラインの脱毛に関しては実に敏感で、ほとんどの女性が何らかの脱毛を行っているようです。

 

国によって、気にする部分や、脱毛する頻度に違いはあるものなんですね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ